プレマリアとは 会員特典全商品5%OFF

商品を検索する

有限会社マックコーポレーション
有限会社マックコーポレーション

住所:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-13-12
新大阪北田ビル6F

TEL 06-6886-7096

FAX 06-6886-7097

営業時間/平日9:30~17:00
定休日/土日・祝日

TOP >> プレマック-Zとアクアプレマをご理解戴くために

つれづれに

コラーゲンって何ですか? スキンケアに役だつのですか?

最近、コラーゲンを成分にした化粧品や健康食品が多く売り出されています。

コラーゲンを食べたり飲んだりすると、摂取した牛や豚のコラーゲンが「そのまま」自分のコラーゲンになると思っていませんか? こんなことができたら簡単で良いのですが、実際にはそうはならないのです。コラーゲンを食べてもタンパク質として体内に摂り込まれるだけです。肌につけても、表皮のバリアゾーンを通すことができませんし、コラーゲンは表皮でなく真皮に存在しますから、何にもならないのです。もし、食べたコラーゲンがそのまま自分のコラーゲンになるのであれば、母乳が少ない人は牛乳を飲めば良いのですし、肝臓病の人はレバーを食べれば良いのですし、貧血の人は動物の血を飲めば即座に解決でしょう。実際にはそのようなことはできませんよね。コラーゲンも同じです。

以下は、コラーゲンを摂っても、そのまま自分のコラーゲンに何故ならないのかについて詳しく述べています。少々長いですが、よろしければお読み下さい。


皆さん、「膠原病(コウゲンビョウ)」という言葉を聞いたことがありますか?「膠原」と聞くと、病原菌やウイルスの類と思われるかも知れませんが、実は「膠原」とは「コラーゲン」の事なのです。

コラーゲンとは「膠(にかわ)を作るもと」という意味のラテン語に由来しているのだそうです。昔の人が膠原と翻訳したわけですが「にかわのもと」という意味とコラーゲンに似た発音とを兼ね備えた実にうまい訳語だと思います。

この言葉の通り、膠(にかわ)もコラーゲンから作った産物です。膠(にかわ)ではピンと来ないかも知れません。ゼラチンのことです。お菓子の材料になるゼラチンはコラーゲンから作った物です。コラーゲンとは、有用な添加物のようでもあり、病気に関係したもののようでもあり、食品のもとになるもののようでもあります。まるで違う顔をいくつも持っている物質なのです。

高等動物の体の全タンパク質のおよそ三分の一はコラーゲンです。数あるタンパク質の中で、量からいうと動物の体ではNo.1のタンパク質です。

コラーゲンの特徴は「細胞の外にある」ことと「線維状である」ことの2点でしょう。動物の体の中の、細胞と細胞の隙間を埋めている線維状の三重螺旋構造のタンパク質です。

コラーゲンが体の中で果たす役割は2つあります。1つは、いろいろな臓器や身体全体の形を作ったり、支えたり、臓器と臓器を結合させたり、境界を作ったりすること。もう1つは、細胞の足場になっていることです。つまり、細胞はコラーゲンを足場にして寄り集まって生きているのです。

コラーゲンは細胞の外にあるものですが、コラーゲンを作るのはもちろん細胞です。細胞はまず「プロコラーゲン」を作り、それを「コラーゲン」に変化させます。また細胞は不必要なコラーゲンを分解もします。大人の体の中のコラーゲン線維は、他のタンパク質と比べるとゆっくりですが、入れ替わっています。現在、人間の体内には十数種類のコラーゲンが存在することが知られています。体の部位によりコラーゲンの種類は違います。コラーゲンの分子の形、構造、会合の仕方も違います。

化粧品や健康食品に含まれているコラーゲンはもちろん人間のものではありません。牛や豚等のものです。人体の細胞自身が作り出すコラーゲンなのに、牛や豚のコラーゲンを口から摂取したり、肌に塗布して一体何になるのでしょう。プロコラーゲンからコラーゲンへ移行する過程を無視し、臓器や部位により種類が違うことも無視し、ましてや表皮に存在しないコラーゲンを肌に塗布して、いったい何をどうしようというのでしょう。

このように、コラーゲンを外から摂取したり、塗布したりしても、それが、即、自分のコラーゲンになることはありません。コラーゲンはタンパク質ですから、タンパク質として摂取されます。タンパク質は体内でアミノ酸に分解され、そのアミノ酸を使って自分の体が必要な物を合成するのです。学校で習いましたよね。

▲このページの先頭へ

牛乳とカルシウム

現代の子供たちは骨が弱いのだそうです。医者や栄養士たちが声を揃えて「カルシウム摂取不足」だと主張しています。カルシウム製品大流行です。そう思っている人も多くいるようですが、私にとってはどうしても信じられないのです。何か変に感じるのです。

私たちが子供の時は戦後間もない頃で、日本は貧乏な国でした。口にするものも質素なもので、田舎育ちの私は、おやつといえば「トマト、きゅうり、さつまいも」等で、ケーキなどは誕生日とクリスマスの年2回と相場は決まっていました。給食も始まったばかりでしたが、あのまずい脱脂粉乳を1杯飲んでいただけで牛乳などは飲んでいませんでした。かといって小魚をバリバリ食べたという記憶もありません。でも骨の弱い子は周りにいなかったと思います。

今の子供たちの食べ物は栄養豊富で、牛乳もたくさん飲む子が多いように思います。にも拘わらずカルシウム摂取不足だということなのです。

自然界に目を移すと、如何なるほ乳類も、人間以外は授乳期が終わると乳を飲みませんし、飲ませません。チンパンジーでさえもです。
飲む/飲ませる必要がないからなのですが、人間だけは授乳期が終わった後も乳を飲ませます。しかも人間の乳ではなく、他動物である牛の乳をです。牛の乳は牛の赤ちゃんを育てるためのものであって、人間の子供用に母牛が出すものではありません。

小魚を食べるゾウやキリンがいるとは聞いたことがありません。あれだけの大きな骨格を持っているのにです。彼らの食べ物は草や葉といった植物だけです。

やはり何か奇異に感じます。カルシウム不足ではなく、摂取したカルシウムを骨にする「機能の障害」ではないのか、そんな気がします。

▲このページの先頭へ

病院と病気

病気になると病院へ行く人がほとんどだと思うのですが、どうして病院に行くのだろうと不思議です。病気を治して欲しくて病院に行くところまでは分かるのですが、病院ではほとんどの病気を治せないのではないでしょうか…。

家で寝ていればそのうち治るという程度の症状であれば、病院には行かないのでしょうから、相当に重い症状だということで行くのだと思います。

確かに病院は対処はしてくれますので、処置や投薬によって楽になったりすることはあるのですが、「治せる」ところまでいくのかどうかということなのです。
治るというのは「原状回復」、つまり病気する前の状態に戻ることだと思うのですが、ガンなどのように患部を切り取ったからといって治ったことにはならないように思うのです。

また、病院(=医者)が病気を治せるのであれば、世の中に病気で悩んだり困ったりする人は段々といなくなって行くのではないか、そうなると医者はどんどん失業して行くのではないか、と思うのです。病気を治せるのは自身の体だけだと思うのですが…。

私どものクマザサアロエプレマックーZは、発売以来既に延べ数十万人の人にお飲み戴いたと思います。最初のうちは右肩上がりで伸びて行ったのですが、ここ15年程は減りはしませんが増えもしていません。その原因を調査したところ、大変興味深い事実に行き当たりました。

プレマックーZをお飲みになる方は、いずれも体のどこかしらに不都合を抱えていらっしゃるのですが、プレマックーZを飲んでいるうちにその不都合が解決してしまうと、そこから先は二通りに分かれるようです。

一つは「二度と同じ不都合を抱えないように」予防の為に飲用を継続される方、今一つは「もしもまた不都合を抱えたらプレマックーZを飲めばいいんだ」ということで飲用を止める方です。次の不都合も必ず解決できる保証は無いのですが…。

この割合は、私どものデータではだいたい半々です。ですからデータによれば、飲用を中止した方の数だけ新規飲用者が出てくるということになっているわけです。

人それぞれですから、私どもの感想は「へー、そんなもんか」というだけのことですが、重鎮と言われる連中が集まって酒を飲みながら話をすると、

「人間の心理はとても興味深い。もしも金儲けを第一に考えるなら、不都合を解決できるものを作ってはいけないんだ。解決はしないが、何か良さそうだという物を作れば、誰も飲用を中止しないだろう。だからこそ、健康志向ブームで、つまらない健康食品に金を使う人がこれだけ沢山いるということなのだろう。そんなことは我々にはできないことだがな…。」

ということになります。

▲このページの先頭へ

健康入浴法について

ニキビについてご相談を戴き、内容を掘り下げていろいろお話しを伺っていると、「冷え性」にお悩みの方が多いのです。
代謝が良くない→便秘→ニキビ→浄血作用が低下→血流が悪い→冷え性→肩凝り→偏頭痛というパターンでしょうか…。

冷え性でお悩みの方には、是非『健康入浴法』をお試し戴きたいと思います。

  • お風呂に腰掛けて背筋を伸ばし、膝下のみをお湯につけられるような体勢になれる環境を整えて下さい。(例:お風呂の縁に板を渡し、それに腰掛けます。)
  • 15分間、その姿勢で足をゆっくりと前後に動かします。ちょうどプールサイドに座ってゆっくりとバタ足をしている感じです。冬場は寒いですから、上半身は服を着たままが良いと思います。15分後、足の「土踏まず」を見て下さい。冷え性の方は赤紫色になっていると思います。
  • 正座をして浴槽に約3分入ります。
  • 半身浴を3分します。
  • 最後に浴槽に肩までつかり、お好きなだけ汗をかくくらいまで体を温めます。
  • この入浴法をされた後は直ぐにお休み下さい。朝まで足はポカポカでお休みになれるはずです。

足の方に下がった血液が心臓に戻りやすくなるため、この入浴法は冷え性に効果があるのです。血流量は、心臓が一番多いとお思いかも知れませんが、心臓には全体の約5%程度しかありません。一番多いのは脳で約20%、次に多いのが下半身で約13%です。ですから下半身の血流が悪いというのは、体にとって由々しき事態なのです。下半身に必要な血液がちゃんと送られて、さらにその血液がちゃんと循環して帰ってくるようにしないと健康ではいられないわけです。冷え性の方は、血流が悪いのですから、当然のことながら血液の心臓への戻りも悪く、俗に言う「悪い血」が溜まり、肩凝りを引き起こす原因になります。その上、体にとって不要なものを運ぶ働きも良くないために、様々な不都合も起きてくるわけです。

プレマックーZをお飲みいただいて、血液がサラサラになり、浄血作用が上がると、血流も良くなます。その上にさらに、この健康入浴法を取り入れられると冷え性解決の早道かと思います。是非お試し下さい。